いぶし瓦再生について

いぶし瓦再生について

About IBUSHI tile

いぶし瓦の再生

いぶし瓦再生

1400年の歴史を持つ日本瓦(粘土瓦)はおよそ100年間ほどの耐久年数を有していますので、大きな費用をかけて瓦を葺き替える必要はなく、現状の瓦を再生する事で長持ちさせる事ができます。
瓦止め工事(ラバーシール工法)+防水塗装工事(いぶしコート)で安全・安心に瓦を保つことができます。


再生工事費用は瓦葺き替え時の1/2~1/3程度です。

いぶし瓦再生工事について

いぶし瓦再生

20年以上経過した既存粘土瓦の再生工事について


 1) 瓦ズレ調整(われ・ズレ)
 2)棟下土部分修復工事
 3)台風・地震対策瓦止め工事
 4)いぶしコート塗り 2回塗り ((株)オリエンタル塗料)


※予算は屋根替えの3分の1程度

いぶし瓦再生前

いぶし瓦再生前

いぶし瓦再生後

いぶし瓦再生後

工事内容

1)各種瓦のふき替え工事      坪 17,000より
2)棟下土部分の漆喰工事      1m 3,100

3)地下ルーフィングの張り替え工事 坪 8,000より
4)台風、ズレ防止の瓦止め工事   1枚 180

九州全域どこでもOK!!
当社指定工事店有り
(※指定工事店とは、技術力・会社の信用度を調べ上げた特約店の事です。)